アクアクレンズ

アクアクレンズとオイルクレンジングの違い

アクアクレンズとクレンジングオイルの一番の違いは、
メイク汚れを落とす成分の違いです

 

アクアクレンズは一見オイルクレンジングのように見えますが、
汚れを落とす成分はアミノ酸です

 

クレンジングオイルはその名のとおり、オイル配合で
オイルの力でメイクを落とします

 

アクアクレンズは水と油の両方になじむ性質があるアミノ酸に着目
アミノ酸は油となじむ性質を利用して、メイクなどの油汚れを包みこみ
水となじみやすい性質を利用して、その汚れを洗い流せるようにしています

 

一方のオイルクレンジングはオイル(油分)でメイクなどの油汚れを溶かし
配合されている界面活性剤で乳化させることで
水で洗い流せるようになっているのです

 

クレンジング比較

 

オイルクレンジングって、のびが良いから
肌に負担をかけずにクレンジングできそうに思えますね
たしかに、摩擦が少ないので、その点では肌に優しいといえるのですが
オイルクレンジングにもデメリットがあります

 

デメリット その1
するすると肌にのびるので、簡単に汚れが落ちそうにみえますが
汚れを落とすためには、しっかりとオイルと汚れをなじませなければいけません
ということは、意外に肌を摩擦していることになり、刺激が増します
サッとなじませただけでは、毛穴の汚れまで取りきれていない可能性があります

 

さらに、洗顔も丁寧にしないと、肌に汚れが残ったままになってしまいます
ダブル洗顔不要というオイルクレンジングもありますが
ダブル洗顔はしたほうがよいと思われます

 

 

デメリット その2
肌の持っているうるおいまで取り去ってしまう可能性があること
界面活性剤の種類や量によっては、カサカサになってしまうクレンジングも・・・
なかには、肌に優しいオイルクレンジングもありますが
こればかりは、使ってみなければわからいところが不安です

 

アクアクレンズのメリット

 

アクアクレンズ
じつは、オイルクレンジングのデメリットがないのがアクアクレンズのメリット
その鍵をにぎっているのが、アミノ酸です

 

アミノ酸はもともと肌にある成分なので、肌の潤いや
バリア機能を奪うことがありません

 

さらに、なじませるだけなので、肌への刺激が少なくてすみます

 

アクアクレンズが敏感肌の方に、支持されているのも
低刺激だったからなんですね

 

オイルの粒子は大きいのですが、アクアクレンズの粒子は小さいため
なじませるだけでも毛穴の汚れが取れるのもうれしいところです

 

アクアクレンズのアミノ酸粒子はオイルの10分の1
毛穴にスルッと入って汚れに密着
次に水になじんで簡単に洗い流せます

 

オイルクレンジングとアクアクレンズの違い
肌にとっては、潤いバリア機能を取り去るか残すか
大きな違いになってきますね

 

潤いを保ちつつ、その日の汚れはきちんと取り去ると
あとから使う化粧水やクリームの浸透もよくなります

 

 詳細はこちらから公式サイトへどうぞ